働き方改革

ワーク・ライフバランスについて

世界最速のスピードで進展する日本の少子高齢化の波により、労働力不足が深刻化し経済全体が縮小の瀬戸際にある中、当社も今まで通りの長時間労働や、作業効率・生産性では企業の成長が見込めなくなりつつあります。そのような状況の下で、持続的な成長の実現、収益・生産性の向上、お客様をはじめとする社会からの信頼を得るために、当社は、多様な働き方・価値観を受け入れることにより、従業員の働く意欲の向上、その持てる能力の開発と発揮を図ることが重要だと考えます。
そのために、個々の従業員が、様々な考え方・価値観、私生活上の所与の条件に基づき、活き活きと安心して働き続け、生活の充実と事業の発展につながるよう、ワーク・ライフバランスの推進に取り組みます。
また同様に、性別や性に対する考え方や感じ方、年齢、障がいの有無などの多様性を認め、企業内に包摂することは、当社の事業推進の要であり社会的な責任であると考えております。これらの社会的責任を果たすためと、イノベーションの源泉としてダイバーシティ&インクルージョン(以下、「D&I」といいます。)の推進に積極的に取り組みます。

  • Features #1

    ワーク・ライフバランスの基本理念

    ワーク・ライフバランスとは「仕事と生活の調和」であり、個々の従業員が仕事の責任を果たすとともに、家庭や地域社会などでも人生の各段階に応じた多様な生き方を実現することです。当社は、充実した私生活こそが仕事の責任を果たす土台であり、且つ充実した私生活と仕事の相乗効果によりワーク・ライフバランスが得られるとの考えのもと、「ライフワークシナジー」の実現をワーク・ライフバランスの基本理念とします。

  • Features #2

    D&Iの取り組み

    D&Iを実現し、様々な考え方を持つ人材を社内に抱え、尊重することは、現代の、変化の激しい、絶えず新しいものが生まれては消えていく対応のスピードが求められる事業環境の中ではとりわけ重要なことであると認識しています。
    当面、喫緊の課題として、シニアの活躍と女性の活躍の二項目に分けてPDCAサイクルにより、各種制度構築、施策立案・実施を行いますが、その他、心身のハンディキャップを抱える方々、LGBTの方々、多様な人種・民族の方々にも広く門戸を開き、必要に応じて迅速に制度構築・施策立案を行います。